【初心者向け】結局、パソコンのセキュリティソフトって何?必要なの?

 
ゆきんこ
ゼロから始めるパソコン生活にお越しいただきありがとうございます。今回は、パソコンにセキュリティソフトが本当に必要なのかを解説していきます。
 
ひかりんこ
確かにセキュリティソフトって人によって必要だとか、いらないとかいろいろだもんね。
この記事はこんなあなたにおススメ
  • 最近パソコンを買ったばかり
  • パソコンのセキュリティ対策について知りたい
  • パソコンで重要なデータを扱う予定がある
  • パソコンを使うことの危険を無くしたい

あなたのパソコンにはセキュリティソフトは入っていますか?パソコンを長く使っているとコンピューターウイルスの脅威は少なからず出てくるものです。

 

「でも、パソコンにセキュリティソフトは必ず必要なものなの?」

 

今回はそんな悩みを持っている人に向けてセキュリティソフトの役割とセキュリティソフトを購入する必要性について解説していきます。 

 

初心者にもわかりやすいようになるべく難しい言葉は使わないように意識して書いておりますので、気軽に楽しんでください。

 

この記事を読むことであなたはセキュリティソフトがどのような役割をしているのか、パソコンにセキュリティソフトは必要なのかを知ることができます。

【結論】セキュリティソフトがいる人・いらない人

ではさっそく結論から。

パソコンで仕事をしたり大事なデータを扱う場合は有料のソフトを使う。それ以外の場合はWindows defenderを使う。

以下で、細かい解説をします。

そもそもセキュリティソフトとは?

まずセキュリティソフトがどんなものかを解説していきます。

セキュリティソフトというのはコンピューターに侵入そこから感染させようとするコンピューターウイルスからパソコンを守るものです。

 

わかりやすく説明すると、パソコンが私たちの体で、そこに侵入しようとするインフルエンザウイルス(コンピューターウイルス)をマスクで防いでいるイメージです。

パソコンも私たちと同じように風邪をひくんですね。

 
ゆきんこ
セキュリティソフト無し=インフルエンザ流行時にマスクをしないといった感じでしょうか?

ただ、私たちが風邪をひいても、咳や熱が出て体がだるくなるくらいですが、パソコンがウイルスに感染した場合は別の悪いことが起こります。 

 

その一つとして、パソコン内のデータが抜き取られる重要なデータが勝手に削除されてしまうなど、重大な問題が起こります。

 

ウイルスに感染した場合の症状は感染したウイルスの種類にもよりますが基本的に何かしらのデメリットがあることは覚えておいてください。 

セキュリティソフトは私たちでいうとマスクの役割を持つ

コンピューターウイルスの種類

次に、セキュリティソフトが防いでいるコンピューターウイルスには、一体どのような種類があるのかを紹介していきます。

1.トロイの木馬

まずはトロイの木馬というコンピューターウイルスです。

名前の由来はギリシア神話のトロイアの木馬という木でできた馬の形の装置です。(ちなみに戦争で使われてました)

 

どうですか?トロイの木馬。なんだか面白そう!かわいい!!って思ったあなた。

要注意です(笑)

パソコンを使う人が面白そう、便利そうと思うようなゲームやソフトのような見た目で油断させ、実際使おうとすると感染する、という手法の怖いウイルスです。

 

イケメンだから付き合ったらクソヒモ男だった感じですね。(笑)金遣いの荒い美女にも要注意ですよ。

 

このウイルスに感染するとパソコンの設定を勝手にいじられておかしくなったり、個人情報が盗まれる危険があります。

 

何はともあれ「トロイの木馬」というウイルスは見た目でだまして感染させようとする怖いやつです。

トロイの木馬まとめ

ギリシア神話のトロイの木馬が由来
良いイメージでだましてくる
勝手にパソコンの設定を変える、個人情報を盗まれる

2.ワーム型

ワームというウイルスは、ミミズのように足の無い虫のようなイメージを持ったコンピューターウイルスです。

ニョロニョロしてる虫を想像してください。気持ち悪いですね(笑)

 

そんな虫が、インターネットというネット世界の中を這い回っています。

ワームに感染すると勝手にほかの人にメールが送られたり勝手にSNSの発信をされたりします。

 
ゆきんこ
私はブロガーという立場上、SNSは良く使うので困りますね。(^-^;

まさに現代人キラーです。特に有名人が感染したら突然おかしなツイートがされたりして大変ですよね。

 

これぐらいならまだいいですが、(よくはないですが)パソコンを乗っ取られる場合もあります。

 

乗っ取られるとお金が勝手に使われる危険や個人情報が流出する可能性もあるのでしっかり対策しましょう。

 

そんな嫌がらせをしてくるワームですがこのワームというウイルス。なんと、自分で増えるんですよ。気持ち悪いですね(笑)

 

このワームは同じインターネットを通じて感染したり、USBメモリにウイルスが仕込んである場合もあります。

 

USBメモリ場合、中のファイルを開いた時ではなく、USBメモリをパソコンに繋げただけで勝手に感染するという点はとても恐ろしいです。

 

USBメモリそのものがウイルスになってしまっているイメージです。使ったパソコンすべてを感染させます。こういうやり方でワームは増えていきます。

 

ちなみにUSBメモリとおいうのは下の画像のようなものです↓

USBメモリ

一見便利な道具ですが、凶器にもなってしまいます。包丁みたいですね。というわけで、自分で増える嫌がらせミミズ(ワーム型ウイルス)でした。

ワーム型まとめ

イメージはミミズのようなウイルス
インターネットUSBメモリから感染する
勝手にメールを送信SNSを発信したりパソコンを乗っ取る
自己増殖する(勝手に増える)

3.ファイル感染型

ファイル感染型ウイルスは、exeや拡張子COMというファイルに感染するコンピューターウイルスです。

チョット何言ってるか分かりませんよね。

 

exe.COM拡張子は、簡単に言えばクリックすると開いたり、ダウンロードが始まったりするファイルです。

 

ゲームをパソコンに入れる時にはインストーラーというファイルをダウンロードします。このファイルを押すと、大体自動でゲームをダウンロードしてくれる便利なものです。

しかし、このファイルに感染し、いろんな悪さをするのがこのファイル感染型ウイルスです。

 

インターネットにあるダウンロードプログラムメールに添付されたプログラムを開く(実行する)ことでパソコンに感染します。

 

ファイル感染型ウイルスに感染するとパソコンを動かすためのプログラムが書き換えられたり、上書きされたりしてパソコンがおかしくなるという現象が起こります。

 

みなさんがイメージしやすい変な画面が大量に出てくるやつが分かりやすいですね。

また、報告されている被害事例では、プリンターが勝手に動いたというケースもあります。 

 

パソコンに入れたソフトが感染していて、プリンターに印刷する指示を出したことでプリンターが勝手に印刷を始めたというものです。

紙代がもったいないですね。地球にも優しくないウイルスです。

 
ひかりんこ
夜、勝手にプリンターが動き始めたら超怖いじゃん!!
 
ゆきんこ
むしろ「プリンターが勝手に動く怪奇現象」が科学的に解明されたのでは?

ちなみにコイツ(ファイル感染型ウイルス)も自己増殖します

といったような感じでファイルにくっついて悪さをする寄生虫のようなウイルス、ファイル感染型ウイルスでした。

ファイル感染型まと

何かの操作をするファイルに感染して悪さをする
インターネットメールにあるプログラムを開く(実行)することで感染する
パソコンがおかしくなったりプリンターが勝手に動いたりする被害がある
自己増殖する(勝手に増える)

4.マクロ感染型

マクロ感染型ウイルスは、WordやExcelなどで作ったファイルに「マクロ」という仕組みを埋め込み感染させるウイルスです。

 

ワードの文書ファイルとか、Excelで作った表のファイルなどに見せかけて作られていることがあるのでクリックするだけでも簡単に感染してしまう怖いウイルスです。

 

ファイルの名前に興味を引く名前をつけるやり方もあるらしいので「100%モテる方法を伝授!」とか「ボタンを押すだけで5万円ゲット」なんてファイルがあってもクリックしないように。

 

また、マクロ感染型ウイルスに感染すると、パソコン内のデータが破壊されたり、パソコンを不正利用される、ほかのマルウェアを感染させるというような被害が起こります。

 

※「マルウェア」というのは英語で「悪意のある」という意味のmalicious(マリシャス)とsoftware(ソフトウェア)が合わさってマルウェアです。トロイの木馬やワームなどをまとめてマルウェアといいます。

 

Wordのファイルが自分の知ってる人から贈られてきた場合、簡単に開いてしまいそうですが、危険なのでよくわからないファイルをすぐ開くのはやめておくことが対策にもなります。

 

ということで、見た目でだましてくるウイルス、マクロ感染型ウイルスでした。

 
ひかりんこ
見た目でだましてくる奴多いな!!

マクロ感染型まとめ

WordやExcelのファイルなどに見せかけて感染させる
クリックするだけで感染する
感染するとさらに他のマルウェアに感染する恐れがある

セキュリティソフトは必要なの?

まず、セキュリティソフトですが、パソコンを使って仕事をしている人は使ってください。個人的なデータがパソコンに入っている人も入れるべきだと思います。

 

個人的でなくても家族や友人のデータ(写真や動画、書類など)が入っている場合も入れたほうが良いと思います。

つまり、基本的に全員入れたほうが良いと思います。

 

しかし、ここで聞きたいのはきっと「WindowsにはWindowsセキュリティという優秀なセキュリティソフトが備わっているのに、その他にセキュリティソフトが必要なのか」というところかと思います。

 

Windowsセキュリティを知らない方のために少し説明すると、最初から無料で使えるセキュリテソフトです。

 

Windowsのパソコンには最初からマイクロソフト社のセキュリティであるWindowsセキュリティというセキュリティソフトが備わっているのです。

 

使われ始めたばかりの頃はあまり性能が良くなかったこともありました。

 

しかし現在では性能もだいぶ良くなっており、無料で使えるためほかのセキュリティソフトを購入する意味はあまり無いと考える人も多いです。

 

確かにその考えは一理あります。実際私も同じように考えてパソコンのセキュリティソフトはWindowsセキュリティだけでオッケーでしょ!と思っていました。しかしそれは自分のパソコンにどんなデータが入っているかで変わってきます。

 

少なくともWindowsセキュリティを使っていればある程度安心はできますけどね。しかし、無料のソフトと有料のソフトでは性能が変わってきます

 

確かに有料ソフトと無料ソフトの性能の差は小さくなってます。でも進化しているのはセキュリティだけではないんです。

 

例えばですが、現代の技術では私たちがケータイやパソコンを充電する時に使うケーブルを改造し、繋ぐだけで感染するケーブルも作られているというニュースがあります。

 

こんなニュースを見ると、今後もウイルスがなくなることはおそらくありません。もしウイルスに感染した場合、自分の個人情報が流出する分には自己責任で済みます。

 

ですが、流出した情報がもし家族や友人会社の機密情報だったとしたら、その責任は自分だけではとることができません。

 

だからウイルスから自分で身を守るしかないんです

 

ちょっと頑張れば防げたはずなのにセキュリティが甘かったために自分や、他人の人生がめちゃくちゃになるのは悲しいことです。

 

その点、有料のセキュリティソフトならWindowsセキュリティよりもウイルスの危険を下げることが可能です。

 

なのでコンピューターウイルス感染の可能性をより下げるためにはより安全なセキュリティソフトを使うべきだといえます。

でも、せっかく強固なセキュリティソフトを使ってもパソコンが重くなってしまうと意味がないですよね?

そんな人はESETセキュリティを使うことで、安心と軽さを両立することができるのでオススメです。

コンピューターウイルスからしっかり身を守り、安全で快適にパソコンを使っていきましょう!

今回は、パソコンにセキュリティソフトは必要なのかをウイルスの特徴を交えて解説させていただきました。この記事を読んだ方が何か行動を起こすきっかけになれば大変うれしく思います。

ゼロから始めるパソコン生活ではパソコンに関する知識や悩みを解決する方法を記事にしております。興味があればぜひ気軽に遊びに来てくださいね。

 
ゆきんこ
では。ばーい!
 
ひかりんこ
ばーい!

読んでくれたあなたに最上級の感謝