文系がパソコンを学ぶと頭が良くなる3つの理由【現代に必要なスキル】

 
ゆきんこ
ゼロから始めるパソコン生活にお越しいただきありがとうございます今回は、文系の人がパソコンを学ぶことで頭が良くなるよっていうお話をしたいと思います。
 
ひかりんこ
なんか胡散臭い題名なんですケド、本当なんですかー?
 
ゆきんこ
なぜ頭が良くなれるのか良く分からないと思いますので、この記事ではその理由を解説していきます。
この記事はこんなあなたにおすすめです。
  • パソコンを学ぶモチベーションが欲しい
  • パソコンを勉強したいと思っている
  • 文系だけどパソコンが上手になりたい
  • パソコンに詳しくなりたい

この記事を読むことであなたは文系の人がパソコンを学ぶメリットを知ることができモチベーション高く学習に取り組むことができます。

パソコンを学ぶと頭が良くなる理由

 
ゆきんこ
パソコンを学ぶと頭が良くなる理由を1つずつ見ていきましょう。

1.論理的思考力(ロジカルシンキング)が高まる

1つ目の理由は、論理的思考力が強化されるという理由です。

論理的思考力とは、物事をしっかり観察して整理し、それらを順序立てて考える力のことで、社会人に必要な力であるといえます。

 

パソコンを使うと、この論理的思考力が鍛えられます。

例えば人間相手に「コレをやって」とお願いすると、多少の不明点や専門外の作業だったとしても、ある程度はちゃんとやってくれるものです。

 

人が相手なら、「ニュアンスで伝わる」のです。しかし、相手がパソコンだと、何かをお願い(作業の指示を)してもプログラムの通りにしか動きません。自分の操作が間違っていたり、パソコンの能力以上の作業だと、動作することはありません。

 

悪い言い方をすると、融通が利かないんです。しかし、パソコンを使っていると「なんでうまく動かないのだろう。メモリ容量は十分だし、ソフトも最新バージョンになってる。あ、でも設定に問題があった!」というように、順序立てて問題を分析することが多くなります。

 

その結果、パソコン以外の普段の生活でも何気なくロジカルシンキングを使うことができるようになります。物事を論理的に考察できるようになって問題解決力が上がるのです。

 
ゆきんこ
人相手だと「なんとなく」が通じるのですが、機械相手だとそうもいきません。その融通の利かないということが私たちの考え方を変えてくれるのです。
 
ひかりんこ
確かに人はその場の雰囲気でなんとなくわかってくれるし、こっちだってある程度予測できるもんね。

2.学びの視野が広がる

頭が良くなる2つ目の理由は、パソコンを学ぶことで学びの視野が広がるということです。

文系の人が社会に出てからパソコンをほとんど触らないで生活している人も多いと思います。

 

別にそれでも問題は無いのですが、人とのコミュニケーションや何らかの作業、軽い記録などだけしているとインターネットやコンピュータといったようなITの世界には無関心のまま生涯を終える場合も出てきます。

 

これってもったいないのではないかと思うんです。

ITの世界を知れば、楽しい事沢山ありますよね?ブログ動画制作プログラミングのようないろいろな趣味の幅が増えるし、もしかしたらそれが本職になる場合もあるかもしれません。

逆にITの世界を知らなければその存在にすら気づくことができないかもしれません。

 

そのため私のような文系人間がパソコンを学ぶことで趣味や仕事の幅が増え、結果的に学べる範囲(学びの世界)が広がるというメリットがあるのです。

 
ゆきんこ
そもそもカレーを知らない人がカレーを食べたいとは思わない」というお話に似ていますね。まずは知らなければ何もできません。
 
ひかりんこ
確かに。そもそも存在を知らないわけだもんね。

3.自分で調べる力(検索力)が鍛えられる

頭が良くなる理由の3つ目は、自分で調べる力が鍛えられるという理由です。

検索力というのは分からない単語や解説などがあった時GoogleやYahoo!を使って検索する能力です。

 

パソコンなどのITの分野には、「オーバークロック」や「マルウェア」のように分かりにくい横文字が多く、それらすべて理解しようものなら何度も何度も検索を行わなくてはならないでしょう。

 

しかし、その過程で検索力が培われるのです。また、検索力には、検索して調べるだけでなく、より確実な情報を選ぶ力や、そこにある情報を頭で理解する力も必要なのでいろいろな能力が強化されていきます。

 

その結果として、総合的な「自分で調べる力」が高まり頭が良くなるといえるのではないでしょうか?

検索力のトレーニングはコチラ

 
ゆきんこ
検索力は、現代に生きる人の必須スキルといっても過言ではないのではないでしょうか。実際検索力がある人とない人では、情報格差が広がっているのですから。
 
ひかりんこ
現代じゃただ情報を知らないだけで損をすることがあるんだ。これは学ばないとヤバいってことだね!

まとめ

 
ゆきんこ
では、今回のお話のまとめです。
 
ひかりんこ
頭が良くなるために何を意識すればいいんだっけ?
コンピュータは融通が利かないため、論理的に考える必要があり、ロジカルシンキングが鍛えられる。
文系人間がITの世界を知ることで学びの幅が広がる。よって趣味や仕事の幅も広がる。
IT業界には分かりにくい横文字が多く、総合的な検索力が鍛えられる。
 
ゆきんこ
みなさんもこれから上記の3つを知っておくことで意識的に頭を良くすることができるかと思います。
 
ひかりんこ
私も今日から頭のいい人間になるぞー!おー!
 
ゆきんこ
・・・頑張ってください。(切実)
 
ひかりんこ
なんだそのリアクション!
健康、快適なオフィスライフ作り、モニターアーム・TVスタンド専門店【FLEXIMOUNTS】

今回は文系の人がパソコンを学ぶと頭が良くなる理由を解説させていただきました。 この記事を読んだあなたの悩みが解決できたなら幸いです。

ゼロから始めるパソコン生活ではパソコンに関する知識や悩みを解決する方法を記事にしています。もし興味があればぜひ気軽に遊びに来てくださいね!

 
ゆきんこ
では。ばーい!
 
ひかりんこ
bye!
 
ゆきんこ
・・・ひかりんこ、アホっぽいですよ。