超オススメのスマホ(iPhone)コントローラーをレビュー!!【熱対策にも】

 
ゆきんこ
ゼロから始めるパソコン生活にお越しいただきありがとうございます。今回は、人気ゲーム荒野行動をスマホでプレイしている人に向けて、オススメのコントローラーを紹介したいと思います。
 
ひかりんこ
荒野行動って100人が銃で撃ちあうゲームだね!
この記事はこんなあなたにおすすめです。
  • スマホゲームでよく遊ぶ
  • スマホが熱くなりやすいと感じる
  • FPSゲームが今より上手くなりたい
  • ゲームを今よりサクサクプレイしたい

あなたはスマホゲームってやりますか?

私はよく遊んでいます。その中でも一番プレイするのが荒野行動なんですよ。

 

でも、何時間もゲームをやっていると、「もっと上手くなりたい」とか、「スマホが熱くなる」とか、結構いろんな悩みが出てくるかと思います。

 

そこで、今回はスマホでゲームをする際に問題となる「操作がしにくいと感じたり、スマホの「発熱が半端じゃない」という問題を解決するコントローラーを紹介します。

 

この記事を読むことであなたは荒野行動に最適なスマホコントローラーがどんなものか知ることができ、今より良い環境でゲームをプレイすることができるようになるでしょう。

コントローラーの紹介

今回紹介するコントローラーは、GAME HUNTERヒートシンク 冷却装置搭載 6本指操作対応のスマホコントローラーです!

価格が2000円台後半と、まあまあの値段ですが効果がそこらのスマホコントローラーとは違います

以下ではその性能や実際使ってみた感想を紹介します。

ヒートシンク搭載スマホコントローラーは結論どうなのか

さて、早速ですが初めに結論を言ってしまうと、操作に慣れるまである程度の時間がかかるが冷却性能、静音性、見た目に関しては非常に魅力的であるといえます。

 

ペルチェ素子冷却により熱々だったスマホが比べ物にならないくらい冷え、安心して快適なゲームライフを送ることができるでしょう。

 

さらに6本指操作に慣れることで今よりもゲームの勝率がアップ周りのプレーヤーに差をつけることが可能です。

【ヒートシンク 冷却装置搭載】6本指操作 クリップ式 スマホ コントローラー トリガー 荒野行動 PUBG Mobile フォートナイト 高反応 iPhone Android 対応 スマートフォン 射撃ボタン スマホ 冷却 ファン スマホ用ゲームコントローラー

価格:2,980円
(2021/9/15 10:01時点)

 
ひかりんこ
めちゃくちゃ褒めてるじゃん!そんなに使ってみて良かったの?
 
ゆきんこ
そうですね。操作のしやすさは人によるかもしれませんが、とにかく冷却性能には大満足でした!(*´ω`*)スマホが熱い人には全力でおすすめします。

ヒートシンク搭載スマホコントローラーの性能

まず、紹介するコントローラーの基本性能を説明します。

対応機種iPhoneandroidです。67mm~90mmの横幅の機種に使うことができますね。

 

横幅=スマホのホームボタンがある側のことを言います。

スマホのサイズはコチラのサイトから

本体背面に4つのトリガーがついておりそれを押すことで設定したボタンを簡単に押すことができます

 

また、表面にある画面にある接触部分は上に持ち上げることもできるためトリガーを使用しない使い方も可能です。

なのでFPSゲーム以外の原神マインクラフトでも使うことができますね。

 

カラーは基本ブラックにシリコン部分がとなっております。トリガー部分はシルバーです。

給電はtypeCケーブルです。下の画像の形ですね。

typeCケーブル先端の画像

ファンとヒートシンクはボタンを押すことで起動します。

 

一番のアピールポイントとしてはやはり冷却装置であるヒートシンクが搭載されているという点ですね。ヒートシンクがどのようなものかは少し説明すると長くなりますが、要するに効果的に熱を逃がすものと考えていいと思います。

 

パソコンにも使われていて超熱くなるCPUという部品を冷やしています。

 
ゆきんこ
ヒートシンク付きの冷却ファンはあんまり見たことがありませんでした。その分値段が高いですが、同時に効果も高いですね。
 
ひかりんこ
100円ショップだとファンだけのものしか見たことないなぁ。

実際使ってみたレビュー

ここからは私が実際にスマホコントローラーを使ってみた使用感を紹介していきたいと思います。

まず、本体の開封。

ヒートシンク搭載スマホコントローラーを開封して中身を並べた画像

本体のサイズに関しては少し大きめかなといった印象です。

 

ヒートシンクが搭載されている中心部分のアルミ二ウムシートを触ってみるともうこの時点で冷たい!!(真ん中の模様がある部分です)まあ金属なので当たり前といえばそうなのですが(笑)

内容

コントローラー本体
・typeCケーブル
・合格証
・トリガー接触部分のスペア

デザインはご覧の通りゲームっぽい見た目に色も黒、赤、シルバーとゲーミングっぽさがあふれ出ています。

 

実際にiPhone8に装着してみました。↓

ヒートシンク搭載スマホコントローラーをiPhone8に装着した画像

iPhoneにケースをつけている方は、あまり厚すぎるケースだと装着時にうまく固定できない場合があるためケースを外すか薄めのケースを使うことをおすすめします。

 

その後、私はiPhoneSE第二世代にifaceのケースを装着して使用しましたが、それくらいなら普通に使うことができました

 

画像ではシリコン部分がiPhoneをしっかり固定しているためズレる心配はありません。

実際のゲーム画面↓

ヒートシンク搭載スマホコントローラーをiPhoneSE第二世代に装着した画像(トリガーが上がった状態)
ヒートシンク搭載スマホコントローラーをiPhoneSE第二世代に装着した画像(トリガーが下がった状態)

荒野行動では画像のように、画面の上の方にボタンを設置するとトリガーを押したときに対応するボタンを押すことができます。ですが最初は慣れるまで結構大変かと思います。

 

今まで指をこんなにたくさん使う機会はありませんでしたから。しかし、慣れてしまえば今までよりも戦闘がスムーズに行えるようになり勝率アップも期待することができます。

やはり指が多くなればできることも増えますので。

 

そして、肝心の冷却性能ですが、

これがマジで冷えるんです!

商品購入ページでもあげられているように通常だと30分ゲームをした場合は端末温度が53℃まで上昇していたところ、ヒートシンク搭載スマホコントローラーを使用してゲームをした場合には25℃に抑えることができるんです!

 

どれくらい冷えるかというと、ヒートシンクの電源を入れ2、30秒もするとアルミニウムシートの部分に水滴がつくくらいに冷えています。

 

手で触ると氷を触った時と同じ感覚になります。起動から冷えるのが超早いという点も好印象ですね。

 
ゆきんこ
ホントに冷却性能は感動しました。スイッチ入れて少しすると冷たッ!!ってなりますよ。(゚∀゚)

トリガーの反応も非常に良好です。今のところ反応しないという事態は一度もないです。

 

ちなみに本体の裏面は下の画像のようになってます。↓

ヒートシンク搭載スマホコントローラーの裏面の画像

銀の部分を下にさげると表の画面に接着する部分が反応する仕組みです。

 

うまく反応しない場合には表面の接着部分のボタン位置が正しく当たっていないスマホケースが合っていないかだと思います。

 

以下ではは私が感じたヒートシンク搭載スマホコントローラーのメリットデメリットを紹介していきたいと思います。

デメリット

まずはデメリットからお話しします。

ケーブルをつないでいないと冷却できない

まず一つ目のデメリットは、ケーブルをつないでいる間しか冷却機能は使えないという点です。

つまり外出時はただのコントローラーなのです。そのため外出先で使うには都合が悪いです。

 

ただ、対処法もあります。例えば外出先にコンセントがある場合。コンセントさえあればケーブルをつないで冷却できるため問題はナシです。

 

また、携帯用のバッテリーを持っていくという対処法もあります。

携帯用のバッテリーで給電することでスマホを冷却しながらゲームをすることが可能になります。

操作に慣れるのに少しかかる

二つ目のデメリットは操作に慣れるまでに少し時間がかかるという点です。

 

これはヒートシンク搭載スマホコントローラーが少し大きめであること、重量があること、6本指操作が前提につくられているからです。

 

そのため普段コントローラーを使わずにゲームをしていた人が突然コントローラーを使う場合は少し操作に手間取ります。

 

実際私も使ってみてすぐは「あれ?このトリガーがジャンプで、こっちのトリガーが発砲で・・・。あれ?こっちは?」というようにどの指でどの操作ができるのかわかりにくく感じました。

 

ある程度使っていると、少しずつ操作にも慣れてくるためいずれは無くなるデメリットですが、使い始めた当初は結構苦労したためデメリットとして紹介させていただきました。

一定時間で電源がオフになる

三つ目のデメリットは一定時間で電源が自動でオフになるという点です。

私の体験談ではあるのですが、友達と荒野行動をやっていた時の話。

 

今紹介しているヒートシンク搭載スマホコントローラーを使用してプレイしていました。

 

途中までは何の問題もなくプレイしていました。しかし、しばらくすると動きがすこーしカクついたのでヒートシンク部分を触ってみたところ温度がだいぶ高くなっていました。

 

そして電源ランプを確認したところ電源が切れていました。

 

おそらくですが3,4時間という長時間スマホゲームをプレイしていたため自動的に電源が切れたのだと思います。

※追記 後でゲームアプリを使って試してみたところ約1時間で自動的に電源がオフになりました。試したゲームはそんなに負荷が多い部類ではなかったためすぐにスイッチを押して電源をオンにすることができました

このように冷却機能が高いヒートシンク搭載であるとはいえさすがに無制限で冷やすことができるというわけではないです。

 

私は荒野行動をグラフィック以外最高設定で行っていたため発熱量は半端じゃありませんでした。

そのため、熱くなりすぎないようなある程度の負荷でなら問題はなさそうです。

 
ひかりんこ
しばらくすると電源が切れちゃうなら1時間に1回くらいスイッチを付けなおした方が良いね。

デメリットをまとめると以下の通り。

デメリット①・・・ケーブルをつながないと冷却機能は使えない
デメリット②・・・操作に慣れるまで少し時間がかかる
デメリット③・・・一定時間たつと自動的に電源がオフになる

これらのデメリットをよく理解したうえで購入を検討するようにしましょう。

メリット

冷却機能が本当に優秀

まず、一つ目のメリットは冷却機能ファンだけのものと比べて、非常に強力であるという点です。

 

多くのスマホコントローラーでは、ファンを使って風で冷却をするものが多いです。しかし、このコントローラーはヒートシンクを搭載し、さらにファンで熱を逃がす構造となっています。

 

そのため当たり前なんですが冷却機能はそれだけ強くなります。

なのでとにかく速く強力にスマホを冷やしたいという方にはあっているコントローラーだと思います。

音がかなり静かで気にならない

そして二つ目のメリットは起動音が静かという点です。

せっかくのいい商品でも音が大きすぎるとゲームに集中できない足音などが聞こえないという悪影響が出てきます。

 

しかし、ヒートシンク搭載スマホコントローラーにはファンが一つ搭載されているだなので音は気になりません

 

これが例えば冷却機能を上げるためファンが二つやそれ以上搭載のものだった場合、音はもっと大きくなるのは当然ですよね。

 

このようなコントローラーは冷却性能と引き換えに静音性を犠牲にしているわけです。

 

一方ヒートシンク搭載スマホコントローラーはヒートシンクがついているため必要なファンが一つで十分という構造なのです。

 

結果として起動しても音が静かなのです。

勝てる確率アップする

三つ目のメリットは使い慣れればゲームの勝率アップが期待できる点です。

操作性に関しては慣れるまで時間がかかるといいましたが、逆に言えば慣れてしまえば戦いに勝利できる確率を上げることができます

 

コントローラー無しでも強い人は強いですが、便利なものがあるのなら使わない手はないでしょう。

6本指を使うことで2本指、4本指の時よりできることが多くなります。

  

銃を撃ちながら伏せたり狙いながら打てたりなど、今よりも一つ先のステージが見えてくるのではないでしょうか?

 

そのためメリットとして勝率アップの可能性があることをあげさせていただきました。

見た目がカッコ良いから気分が上がる

もう一つ、4つ目のメリットとして見た目がメカカッコいい点もあげたいと思います。

 

これに関しては私の趣味が入っているため全員に当てはまるものではないかもしれませんが、このゲーミングっぽい色合いが最高です。

 

黒がメインで、少しだけ赤を使い、さらにメカっぽさを演出するシルバーの部分。

 

機械のマザーボード(基板)っぽいデザインがヒートシンク部分に描かれています。

機械好きとしてはカッケェ。。。って感じのデザインです。ハッキリ言って、好きです(笑)

 

気分が上がってゲームを楽しめれば今よりももっと有意義な時間が過ごせると思いませんか?

 
ゆきんこ
結構性能ばかりに目が良きがちですが見た目も大事ですよ。幸福感が違います(・∀・)
 
ひかりんこ
好き嫌いが分かれるかもだけど、私はけっこう好きかも

メリットをまとめると以下の通り。

メリット①・・・冷却機能が非常に優秀
メリット②・・・静音性に優れている
メリット③・・・勝率のアップが期待できる
メリット④・・・デザインがメカカッコいい

というような感じになっております。

【ヒートシンク 冷却装置搭載】6本指操作 クリップ式 スマホ コントローラー トリガー 荒野行動 PUBG Mobile フォートナイト 高反応 iPhone Android 対応 スマートフォン 射撃ボタン スマホ 冷却 ファン スマホ用ゲームコントローラー

価格:2,980円
(2021/9/15 22:14時点)

今回は、私が実際に買って良いと感じたスマホコントローラーの紹介をさせていただきました。

ゲームをするなら、ゲーミングチェアも使おう!!

コントローラーを使ってゲームをするようなゲーム好きな人なら、ぜひゲームをするときのイスにもこだわってみませんか?

ゲームをする人にはゲーミングチェアがおすすめです。ゲーミングチェアは姿勢を固定するように設計されており、長時間座っているときの体の疲労を軽減してくれます。

ジーティーレーシングではゲーミングチェアが初めての人でも購入しやすい価格で販売しております。1万円台で買うこともできますのでおすすめです。

ゼロから始めるパソコン生活ではパソコンに関する知識や悩みを解決する方法を記事にしております。興味があればぜひ気軽に遊びに来てくださいね!

 
ゆきんこ
では。ばーい!
 
ひかりんこ
ばーい!

読んでくれたあなたに最上級の感謝