ダイソーのゲーム用トリガーは使えるのか!?感想をレビューしてみた

 
ゆきんこ
ゼロから始めるパソコン生活にお越しいただきありがとうございます。今回は、ダイソーの「zoneX」ゲーム用トリガーの使用感をレビューしようと思います。
この記事はこんな人におすすめ
  • 安いゲームグッズを探している人
  • ダイソーによく行く人
  • zoneXシリーズの商品に興味がある人

この記事を読むことであなたはダイソーのゲーム用トリガーが実際にどれくらい使えるものかを知ることができます。また、メリットデメリットについても把握できるでしょう。

 
ひかりんこ
zoneXのグッズまた買ったのか!
 
ゆきんこ
また買ってしまいました。だって沢山売ってるんだもん。

ZoneXのゲーム用スティックをガチレビュー!!

購入した商品の紹介

それでは今回購入した商品がコチラ

表面↓

zoneXゲーム用トリガーのパッケージ画像(正面)

裏面↓

zoneXゲーム用トリガーのパッケージ画像(裏面)

ダイソーの「zoneXゲーム用トリガーです。

トリガーとは引き金のことでゲームなどでは攻撃や発砲のボタンとして使われますね。

 

普通スマホでトリガーボタンを押す場合画面上にあるボタンを押すので画面をタップすることになります。このゲーム用トリガーを使うことで画面をタッチせずに攻撃、発砲を行うことができます。

 

そうすると操作がしやすくなったり安定性が上がるなど、様々なメリットがありますよ。

 
ひかりんこ
ちゃんと使うメリットがある商品なんだね。
 
ゆきんこ
メリットが無かったら誰も買わないでしょ(笑)

スマホコントローラーを使うメリットとは!?

ダイソーのゲームトリガー(zoneX)の基本性能

パッケージの右上を確認すると、「」と書かれていますがほかの色は無かった気がします。(もしほかの色を見たことがあったり買った人は教えてください。)

 

本体はプラスチック製で表面の銀の部分は鉄っぽく見えますが磁石が付かなかったのでおそらくコーティングしたプラスチックですね。

 

多分内側にあるバネにが使われているのでしょう。画面に接触する部分はゴム製です。

 
ひかりんこ
細かい材質確認しなくていいって!
 
ゆきんこ
いや、ここはハッキリさせておかないと。
 
ひかりんこ
なんのこだわりよ(笑)

クリップ部分の幅は7.6mmあり、5~8.5mmの厚さのスマホで使うことができますね。↓

zoneXゲーム用トリガーの裏面、説明欄の一部

自分のスマホの厚みのサイズを調べる

使い方は簡単で、本体をスマホの上部分に挟み込んで裏側のストッパーを下げて固定するだけです。

 

文章じゃ分かりにくいので後ほど画像で紹介しますね。

 
ゆきんこ
商品の概要はザっとこんなもんですかね。
 
ひかりんこ
大丈夫なんじゃないかな?じゃあ使ってみよう!

100均トリガーを実際に使ってみる

それではまず開封から。下の画像は正面・裏面・上側の画像です。

【正面】↓

zoneXゲーム用トリガーの本体正面の画像

【裏面】↓

zoneXゲーム用トリガーの本体裏面の画像

【上側】↓

zoneXゲーム用トリガーの本体上側の画像

銀の部分はコーティングしたプラスチックです。

それでは早速スマホ(iPhone8)に装着してみましょうか。とはいってもただ挟むだけなんですが。↓

iPhone8にzoneXゲーム用トリガーを装着した画像

この簡単さは文章でも感じ取ってもらえそうですね。(笑)

はさんだ後は、裏面にあるストッパーを下に下げることで本体をスマホに固定できます。(ストッパーを下げる前と下げた後の様子)↓

iPhone8に装着したzoneXゲーム用トリガーをのストッパーを下げる前の画像
iPhone8に装着したzoneXゲーム用トリガーをのストッパーを下げた後の画像

装着してみたところ、ここで感じたマイナスポイントを少し。

トリガーのようなタイプの商品は結構しっかり固定されてる場合が多いのですが、今回のトリガーはあんまりしっかり固定されず横方向にスライドする形にズレやすいと感じました。

 
ゆきんこ
もしかしたら私の使っているiPhoneの厚さが問題なのかもしれないですね。また、ケースを付けていない状態なので、薄いケースでも付けたら解決するかもですね。私は持ってませんが汗
 
ひかりんこ
何とかなりそうではあるけどね。少し残念なところかな。

さて、ということで私が検証用に良く使うゲームアプリ、荒野行動で実際どのように使えるのか実験してみましょう。

 

「荒野行動」のようなFPSゲームでトリガーをセットする時はゲーム画面の射撃ボタンやジャンプボタンがトリガーの画面に接触する部分に合うようにセットします。↓

iPhone8の荒野行動プレイ画面
iPhone8にzoneXを装着し、荒野行動の画面を表示している画像

セットさえ完了すればあとは普段通りゲームをプレイするだけです。

今回の場合だと左のトリガーが射撃、右側のトリガーがジャンプという状態になっております。

 

下の動画はzoneXを装着して荒野行動を実際に遊んでいる様子です。↓

 
ひかりんこ
すごい!ちゃんと使えてる!倒せてるし。
 
ゆきんこ
とにかく、トリガーは感度も問題なさそうですね。

確かに感度や押し心地は問題ないのですが、やっぱりズレます。

 
ゆきんこ
ズレる以外には目立ったデメリットが無いのが逆に残念ですね。ゲーム中にズレるとちょっと支障があるので実用はできそうにないです。
 
ひかりんこ
接着剤で画面にくっ付けちゃえば?
 
ゆきんこ
頭のオカシイ事を言わないでください。

調べてみたところiPhone8の厚みが7.3mmくらいで少しゆるいという状態でした。

 

なので、厚さが8mm程度のスマホを使っている人は快適に使えるかもしれません。

勝率がアップするスマホコントローラーをレビュー

ボタンの押しやすさに関してはもちろん押しやすいです。

 

本来画面をタッチしていたのが、トリガーを下げればいいのでスマホを持つ手が安定します。

さらに本来なら射撃ボタンを押すために人差し指が画面を遮って視界が悪くなっていたのが改善されました。

 

使い始めたばかりでは操作に違和感があるかもしれませんが、そこはいずれ慣れます。

良い点・悪い点のまとめ

 
ひかりんこ
そんじゃ、とりあえず使ってみて良かったとことイマイチだったところをおさらいしようよ。
 
ゆきんこ
了解。それでは以下ではゲーム用トリガーを使ってみて感じた良い点・悪い点をまとめます。

悪い点3つ

使ってるとズレてくる
頑丈なケースを付けたまま使うことができない
おそらく耐久性は無い(簡単に分解できる)

良い点5つ

ボタンは押しやすくなる(操作性が上がる)
画面の視野が広がる
スマホを持つ手の安定感が上がる
市販のトリガーと比べて遜色ない機能
安価である

ちなみに以下の6つの部品から超簡単に組み立てられていました↓

zoneXゲーム用トリガーを分解した画像
 
ひかりんこ
商品レビューでその商品分解すんなし(笑)
 
ゆきんこ
つい出来心で。汗

今回は100均のゲーム用トリガーをダイソーで購入し、使ってみたレビューを記事にさせていただきました。参考にしていただければ幸いです。

ゼロから始めるパソコン生活ではパソコンに関する知識や悩みを解決する方法を記事にしております。興味があれば気軽に遊びに来てくださいね。

 
ゆきんこ
では。ばーい!
 
ひかりんこ
ばーい!

読んでくれたあなたに最上級の感謝