【初心者向けに解説】パソコンメモリ増設の前に確認すべき5つのこと

 
ゆきんこ
ゼロから始めるパソコン生活にお越しいただきありがとうございます。今回は、パソコンのメモリ増設をする前にゼッタイ確認してほしい5つのことを解説します。
 
ひかりんこ
そもそもメモリが何か分からないよって人はこちらの記事を参考にしてみてね!
この記事はこんな人におすすめ
  • パソコンのメモリを増設したい方
  • メモリについて学びたい方
  • パソコンのパフォーマンスを上げたい方
  • パソコンでいくつかの作業を一緒にする人

あなたの使っているパソコンには様々な部品が内蔵されています。そこにはCPUHDDなどがありますが、その中に「メモリ」がありますね。

メモリはよく、パソコンの中の作業机というような表現がされ、パソコンの処理能力に影響する部分です。

 

今回はそのメモリを増設したいと考えている方に向けてメモリを増設する前に知っておいてほしいことを紹介させていただきます。

 

この知識を知ることであなたメモリを増設に失敗する危険性を無くし、安全にメモリを増設することができるようになります。それでは本編へ!!

メモリ増設で気をつけること5つ

まず結論を言ってしまうと、確認する内容は以下の通り。

  • 自分のパソコンのメモリ容量
  • 現在の空きスロット
  • ノートパソコンかデスクトップパソコンか
  • どのくらいのメモリが必要か
  • メモリの規格は対応しているか

以上の5つとなります。では、一つずつ解説していきましょう。

確認すべきこと①・・・自分のパソコンのメモリはどれくらいか

まず最初に確認すべきことはあなたのパソコンにはどれくらいのメモリが搭載されているのかです。

おそらくメモリの増設を考える方はパソコンのパフォーマンスに何らかの不満がある方だと思います。

 

しかし、増設をする前に自分のパソコンに何GBのメモリが入っているのかでこれから必要になるメモリの大きさが変わってきます。

 

もしもプログラミングやゲームがしたいから最低でも8GBのメモリが欲しい場合だとしましょう。

現状2GBしかない状態で4GBのメモリを増設したところで6GBにしかならず目標の8GBには届きませんよね?

 

確認をしなかったためにそんな事態に陥る場合もあります。余計なお金を使わないようにまずは絶対に確認してください。

 
ゆきんこ
メモリ増設の経験者なら大丈夫ですが、初めての人やなんとなくで確認せずに手を付けてしまう人がいるかもしれないので、一応解説しますね。

搭載メモリの確認方法

自分のパソコンのメモリ容量を確認する方法も簡単に紹介します。

①パソコンのスタート画面画面下のタスクバーがある部分右クリックします。

タスクマネージャー開いてみましょう。

③タスクマネージャーが開いたら左下の「詳細」という部分をクリックし、大きい画面を開きます。

④最初は項目が「プロセス」になっていると思いますので、そこで「パフォーマンスを選択しましょう。

⑤画面にCPU、メモリ、ディスクというように項目が出てきますのでメモリを選択しましょう。

⑥画面にグラフが出てきます。そしてグラフの左上に大きくメモリ」と表示されます。その反対側には○○GB DDR3や4という文字が書いてありますね。

この文字こそあなたのパソコンに搭載されているメモリの大きさと種類です。

○○GBが大きさで、DDR~が種類(規格)です。

これであなたのパソコンに入っているメモリが確認できました。これで1つ目の確認はクリアです!

デスクトップのタスクバーを右クリック
タスクマネージャーを開く
詳細をクリック
パフォーマンスを選択
メモリを選択
画面の右上の〇.〇GBという部分を確認

確認すべきこと②・・・空きスロットはあるか

2つ目に確認すべきことは、あなたのパソコンにはメモリを増設するためのスロット(空きスペース)があるのかという部分です。

 

スロットとは、メモリを装着するためのスペースであり、もしもスロットが空いていないのにメモリを購入してしまうとせっかく買ったメモリが装着できずに無駄になってしまいます。

 

メモリスロットに関してはほかのサイトで解説されていますので、参考にしてみてください。→メモリスロットとは?

メモリの増設をする前には必ずあなたのパソコンにはいくつのスロットがあり、そのうちいくつのスロットが使われているのかを確認しておきましょう。

 
ゆきんこ
メモリスロットがどうなっているかはデスクトップパソコンの場合、マザーボードを見ればすぐに分かりますが、ノートパソコンは確認が面倒なんですよ。なので簡単な確認方法を説明します。

空きスロットの確認方法

確認方法を解説します。

①1つ目のメモリ確認と同じ流れでタスクマネージャーを開き、パフォーマンスを選択し、メモリを選びます。

グラフの下側にある文字データを確認します。その中に、スロットの使用〇/〇というように表示されている部分があります。この表記の右側の数字があなたのパソコンに搭載できるメモリの数で、左側現在搭載されているメモリの数となります。

 

以上でパソコンに空きスロットがあるかどうかの確認ができました。

これで2つ目の確認はクリアです!

タスクマネージャーを開く
パフォーマンスをクリックする
メモリを選択する
グラフ下の文字データ(スロットの使用〇/〇)部分を確認する

確認すべきこと③・・・ノートパソコンかデスクトップパソコンか

3つ目に確認すべきはあなたのパソコンがノートパソコンか、デスクトップパソコンかという部分です。

 

なんでそんなこと確認するの?ていうか見ればわかるじゃん。」と思う人もいるかもしれません。

しかし、メモリ増設において意外な落とし穴にもなる部分なのでここで取り上げておきたいと思います。

 

なぜ確認するのかを簡単に説明すると、種類が違うからです。

種類が違うということは、ノートパソコンにデスクトップパソコン用のメモリは使えませんし、逆でも同じことが言えます。

 

簡単に言うと「」が違います。物理的に差し込めないんですよね。

 
ひかりんこ
デスクトップパソコンのメモリって確かノートパソコン用の2倍くらいの大きさがあるよ!

つまり購入の際にここを見落としたがためにせっかく買ったメモリが無駄になったということも起こります。

なのでどちらのタイプのパソコンを使っているのかはちゃんと意識しましょう。

 

メモリを購入する際もノートパソコンならノートパソコン用のメモリを選ぶようにしてくださいね。

 

この意識ができれば3つ目の確認はクリアです!

 
ゆきんこ
私も最初の頃はパソコンの種類によってメモリの形が違うことを知りませんでした。実物を見ると結構サイズも違いますよ。

確認すべきこと④・・・どのくらいのメモリが必要か

4つ目の確認すべき点は、あなたに必要なメモリ容量はどの程度かという部分です。

 

何となくメモリを増設するのが駄目とは言いませんが、明確な目的が無いままメモリの増設をしても満足する結果にはならない場合があります。

 

なのであなたが何のためにどのくらいのメモリ容量が必要で、現在はどれくらいの容量かをしっかり理解できてることが重要になります。

 

例えば、プログラミングであれば、メモリは最低でも8GB欲しいですね。また、しっかり動画編集をしたいという方には最低でも16GBは必要になってくるでしょう。

 

ゲームをしたい方はやりたいゲームによって必要なスペックは変わってきますが基本的には8GBあれば平均的に遊べそうです。(ゲームでは他の部品も重要になります)

 

このように

自分がパソコンで何をするのか?それにはどの程度のメモリが必要か?今は何GBなのか?を事前に確認しておくことが大切です。

これができれば4つ目の確認もクリアです!

 
ゆきんこ
ここまでくると自分のパソコンメモリの状態がなんとなく分かってきたと思います。このまま最後まで確認してしまいましょう!

確認すべきこと⑤・・・どのメモリの規格に対応しているか

最後の山場ですね。5つ目の確認すべきことは、使っているパソコンの対応しているメモリの規格は何か?という部分です。

 

少し難しい話をすると、メモリには規格というものが存在します。メモリの規格に関してはこちらの記事で超かんたんに解説してますので参考にしてみてください。→【超かんたん解説】メモリとは?

 

規格」とは、ある技術においての製品の基準のようなものです。

超・意味わかりませんね。

簡単に言ってしまうと「シリーズ」みたいな理解でもいいかもしれません。iPhoneのケースみたいなもんです。iPhone8用とか11用とか。

 

まぁ、とにかくメモリにもシリーズのようなものがあるわけです。その表示はDDR3とか、DDR4とかなのですが、問題はあなたの使っているパソコンはどのメモリに対応しているかという部分です。

 

パソコンというよりはCPUなど他の部品によって違います。が、今回は長くなるので割愛し、以下では確認方法を解説します。

メモリ規格の確認方法

スタートボタンをクリックし、歯車マークをクリックしてください。すると設定画面に行くことができます。

②画面が切り替わり、様々な項目が表示されますので、その中のシステムという項目をクリックしてください。

③左側にいくつかの項目が縦に並んでいますので一番下の「詳細情報」という部分を選択してください。

④出てきた画面で「デバイスの仕様」と書かれた場所がありますので、その中の「プロセッサ」という項目に書かれた文字をコピーしましょう

⑤コピーした文字をGoogleなどの検索窓で張付けて検索します。

あなたのCPUの情報が載っているインテルなどのメーカーサイト出てくるのでそれをクリックしましょう。

⑦情報の中に「メモリの仕様」という部分がありますのでここで必要事項を確認しましょう。確認してほしいことは、まず、最大メモリーサイズという部分です。

⑧次にメモリーの種類という部分です。その2つはしっかり確認し、メモしておきましょう。

ちなみに最大メモリーサイズはこれがメモリ全部の合計の最大値という意味です。ここまでで確認は終了です。

 
ゆきんこ
数字が並んでいて大変ですが、もうひと踏ん張りです!(^_^)

これで5つ目の確認もクリアです!

パソコンの設定画面を開く
システム→詳細情報から、プロセッサの情報をコピーする
コピーした文字を検索する
出てきたメーカーサイトでメモリーの仕様を調べる
「最大メモリーサイズ」「メモリーの種類」をメモする

手っ取り早く規格を確認する方法として、タスクマネージャーから確認する方法もあります。

タスクマネージャーを開き、メモリを選択したら、画面右上のメモリ容量とその横にDDR3などの表示があります。

 

ここから現在入っているメモリの規格が分かります。この規格と同じ規格のメモリを選ぶことで失敗はしないでしょう。

わざわざ調べるのがめんどくさいという方は上記の方法を試してみてください。

 

今回はパソコンのメモリを増設する前に確認するべきことを5つを解説させていただきました。記事を読んだあなたの助けになったなら幸いです。

ゼロから始めるパソコン生活ではパソコンに関する知識や悩みを解決する方法を記事にしています。興味があれば気軽に遊びに来てみてください。

 
ゆきんこ
では。ばーい!
 
ひかりんこ
ばーい!

読んでくれたあなたに最上級の感謝