【超かんたん解説】M.2SSDとは何なのかをパソコン初心者向けに解説

 
ゆきんこ
ゼロから始めるパソコン生活にお越しいただきありがとうございます。今回はM.2SSDをざっくり解説します。
この記事はこんなあなたにオススメ
  • パソコンを始めたい
  • 自作パソコンを組んでみたい
  • M.2SSDの最低限のことを知りたい

パソコンのストレージの一つとしてM.2SSDという言葉を聞いたことが無いでしょうか?

M.2SSDは主に自作パソコンを組む際にけっこう使われることが多いです。

 

でも、パソコン初心者の人がM.2SSDなんて聞いても、「なんの呪文だ?」ってなりますよね?

そんなわけで今回は、M.2SSDの超かんたん解説をさせていただきたいと思います。

パソコン初心者の人に分かりやすく解説しますので、他のサイトで良く分からなかったという人は必見です。

M.2SSDとは?

まず、冒頭でも話しましたが、M.2SSDとはパソコンのストレージの一つです。簡単に言うと、データを保存するところですね。

パソコンのストレージとしては、他にHDDSSDがあります。

これらのHDDやSSDとM.2SSDでは、けっこう見た目が違います。

HDDやSSDの見た目は以下の画像のようになります。

HDD

HDD

SSD

SSD

以上の画像のように、HDDやSSDはスマホのモバイルバッテリーみたいな見た目をしています。

いっぽうM.2SSDの見た目はというと、以下の画像の通り。

M.2SSD

どうでしょう。なんか、むき出し感がハンパないんじゃない?と感じませんか?

そうです。M.2SSDは基盤に少しチップがついてるくらいの見た目なんです。

 

ここまでで、他のストレージとM.2SSDの見た目がかなり違うということが分かっていただけたかと思います。

以下では、M.2SSDの特徴について解説します。

通信速度の違い

M.2SSDは、一般的なSSDやHDDよりもデータを受信したり、保存したりする「データ読み書きの速度」が圧倒的に速い特徴があります。

 

HDDがSSDよりもかなり遅いというのは有名ですが、一般的なSSDとM.2SSDがどのくらい違うかは分かりにくいかもしれません。

そこで、比較しやすいように数値で解説しますね。

 

今から紹介する数値は、最大で1秒ごとにどれくらいのデータを読み込んだり、保存したりできるかを表した数字になります。

この数値が高いほど、一般的に速度が速いとされます。

まずは、一般的な2.5インチサイズのSSDから。調べる際は、価格.comの売れ筋ランキングで、一番売れてる1000GBのSSDを選びました。

 

クルーシャル製のMX500で、容量1000GBのSSDです。こちらの読み込み速度は560MB/s・書き込み速度は510MB/sでした。

そしてM.2には、WESTERN DIGITALのSN770というものを選びます。コチラも容量は1000GBのものです。

なんと、読み込み速度は5150MB/s書き込み速度は4900MB/sです。ざっくり10倍くらいの差がありますね。

 

以上のように、一般的なSSDとM.2SSDには数値上で約10倍くらいの差があることが分かります。

体感上はHDDからSSDの交換したときほどの差はないにしても、まあまあの差はあるのではないでしょうか?

接続方法の違い

一般的なSSDとM.2SSDとでは、パソコン本体に接続する時の方法も違います。

一般的なSSDは、①SATAケーブルマザーボードとSSDを繋ぎ、そして②電源ユニットから出ている電源ケーブルをSSD本体と繋ぐことで接続します。

つまり2本のコードを刺す必要があるんですね。

 

いっぽう、M.2SSDを接続するには①マザーボードにあるM.2スロットにM.2SSDを差し込み、②ねじ止めするだけです。

どうですか?超かんたんですよね。もちろんケーブルは必要ありません

 

このような接続方法の違いから、自作パソコンをする人なんかは「見た目がスッキリするから」という理由でM.2SSDを使うことも多いです。

接続がかんたんなので、M.2SSDを使うのは自作パソコンの初心者の人にもおすすめできる方法ですね。

規格(サイズ)による違い

パソコンを自作したい人に一つ、気をつけて欲しいことがあります。

それは、M.2でも規格によってサイズが違うということですね。

 

サイズの規格を表すときは、Type 2280やType2260など、タイプ+数字で表されます。

この表示がM.2SSDのサイズを表します。例えばType 2280なら、幅22mm×長さ80mmになりますね。

 

M.2SSDの規格は幅は4種類、長さが8種類あります。

「めっちゃ多いじゃんもう覚えるの無理ぃ」と思いそうですが、売っているM.2は同じ規格が多いので、なんとなく知っていれば問題ないですよ。

 

以上、ここまででM.2SSDの超かんたん解説をさせていただきました。

実際はもっとM.2に関する情報はあるのですが、今回はあくまでパソコン初心者向け。

いきなり沢山の情報を入れるとパンクしちゃうので、さらに知りたい人はご自身で調べてみるのも良いでしょう。

 

ゼロから始めるパソコン生活では、他のパソコンパーツに関する知識も超かんたん解説しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。
CPU|CPUクーラー|メモリ|マザーボード|ストレージ|HDD|SSD|電源ユニット|グラフィックボード|PCケース

 
ゆきんこ
では。ばーい!

読んでくれたあなたに最上級の感謝。