【流れで解説】パソコンの電源ユニットの選び方を解説(パソコン初心者向け)

 
ゆきんこ
ゼロから始めるパソコン生活にようこそ!今回は電源ユニットの選び方を解説します。

この記事はこんなあなたにオススメ↓

  • 自作パソコンを組んでみたい
  • パソコンの電源選びに困っている
  • 初めてのパソコンを購入したい

電源ユニットとは、デスクトップパソコンの中でもすべてのパーツに電気を送り、動かす役割を持つものです。

 

電力を人間でいう血液に例えると、電源ユニットは人間でいう心臓なのです。「心臓」というだけでも電源ユニットの重要性は理解していただけるかと思います。

 

でも、正直電源ユニットって何が違うのか分かりにくいのではないでしょうか?

そんな人に向けて、今回はかんたんなパソコンの電源選び方法を流れで解説します。

電源ユニットの選び方

以下では、パソコンの電源ユニットの選び方を1つずつ、流れで解説します。

かなりざっくりなので難しく考えずに読んでくださいね。

①他のパソコンパーツを選ぶ

まずは、パソコンに必要な電力が分からないといけません。そして、パソコンに必要な電力はパソコンの構成によって変わります。

そのため、そもそもパソコンに使うパーツ類が決まらないことには始まりません。

 

もしもあなたが自作パソコンを組むことを考えている場合、まずはCPUメモリストレージグラフィックボードなどのパーツを決めるべきですね。

パソコンの構成がすでに決まっている場合、②の流れに進みましょう!

 
ゆきんこ
特に、グラフィックボードなどの拡張カードの有無は人によって違うので要確認です!

②ドスパラの電源電卓を使う

パソコンの構成が決まったら、次にドスパラのサイトを開きましょう。

検索の方法は、「ドスパラ 電源計算」で検索すると、おそらく一番上にヒットします。

【ドスパラ】電源電卓

電源電卓の記事を開いたら、ページ内に表があります。その中に、あなたのパソコンの構成を入力してください。

すべて入力すると、表の下部分に合計の電力目安と、そこから計算したあなたのパソコンに最適な電源の容量を教えてくれます。

 

電源容量不足でエラーや突然シャットダウンとかが嫌な人は、赤の吹き出しで表示される容量以上の電源ユニットを選ぶと良いです。

容量不足で起きる不具合は?

③必要な電源容量の電源を選ぶ

必要な電力量が分かったら、最後にどの電源ユニットを使うか選びましょう。

 

電源ユニットを選ぶときは電源容量のほかに、変換効率コネクタ部分などいくつか選ぶ要素があります。

興味があれば高級な電源ユニットと安い電源ユニットの違いを解説した記事がありますので参考にしてくださいね。→電源ユニットの価格による違いとは?

 

もちろん価格が高ければ高いほど性能は良いのですが、過剰な性能のものを買うとシンプルにお金がムダですよね。

なのでオーバースペックには注意しましょうということです。そこは予算とよく相談してくださいね。

 

以上、今回は電源ユニットの選び方を流れで解説させていただきました。あなたの参考になれば幸いです。

 

ゼロから始めるパソコン生活ではパソコンの知識を解説しています。パソコンの初心者向けにパソコンパーツの超かんたん解説もしているので、興味があれば見てみてね。

CPU|CPUクーラー|メモリ|マザーボード|ストレージ|HDD|SSD|M.2SSD|電源ユニット|グラフィックボード|PCケース

 
ゆきんこ
では。ばーい!

読んでくれたあなたに最上級の感謝。