【超かんたん解説】HDDとは何なのかをパソコン初心者向けに解説

 
ゆきんこ
ゼロから始めるパソコン生活にお越しいただきありがとうございます。今回はHDDが何なのかを超かんたんに解説します。
この記事はこんなあなたにオススメ
  • パソコンの基本的ことを知りたい
  • 自作パソコンを作りたい
  • HDDというものが何か知りたい

パソコンを使う中で、HDD(エイチディーディー)という言葉を聞いたことがありませんか?

でもパソコン初心者の人は、いきなりそんな英語3文字を並べられても困りますよね?

 

そこで、この記事ではパソコン初心者の人でもわかりやすいHDDの超かんたん解説をさせていただきます。

HDDとは?その役割は?

まず、HDDの正しい読み方はハード・ディスク・ドライブといいます。ハードのH、ディスクのD、ドライブのDでHDDです。

ちなみにHDDは以下の画像のような見た目をしています。

上側↓

下側↓

また、パソコンでのHDDの役割は、「データの保存」です。

内部には回転する円盤が入っており、磁気を使ってデータを読み書きしています。その時に、なかで部品が動いているのでカリカリという駆動音がします。

HDDの特徴

 
ゆきんこ
以下ではHDDの特徴を一つずつ解説します。良い面も悪い面もありますが。

1.駆動音がある

HDDの役割という話でも述べましたが、駆動音がするという特徴があります。

HDDを搭載したパソコンに大きな負荷をかけるとHDDの駆動音が大きくなりうるさく感じることもあるので注意が必要です。

最近のパソコンには基本的に、SSDという静かなデータの保存先が搭載されているのであまり音の心配はありません。

2.物理的な衝撃に弱い

また、HDDは最近主流のSSDと比べ、物理的な衝撃に弱いという特徴があります。

まず、以下の画像をご覧ください。

HDDの内部の様子です。見ていただければわかるように、HDDは中に細かな部品がたくさん入っていますね。

もしも地面に落としてしまったり、強い衝撃が加わったときにどれか一つの部品が壊れればおしまいです。
なのでHDDの取り扱いには注意が必要です。丁寧に扱いましょう。

3.1GBあたりの値段が安い

HDDは同じストレージであるSSDよりも、1GBあたりの価格が安いという特徴もあります。

この点に関してはHDDのメリットであると言えますね。例えば、HDDとSSDで同じ500GBのストレージの価格を見てみましょう。

価格情報は価格ドットコムで調べました。この時SSDは、安いモノ(キオクシアの480GB)でも約6000円という状態でした。

一方、HDDに関しては一番安いモノ(東芝の500GB)で約2500円程度でした。一番安いSSDと比べても2倍以上の差がありました。(2022.4.5)

以上のように今現在ではHDDとSSDで同じ容量でも約2倍以上の価格差があることがわかります。

自作パソコンをしたいという人で、どうしてもお金がないという場合はHDDをストレージに使うのもアリでしょう。

最も安い自作パソコンパーツを紹介

4.読み書き速度は遅い

HDDはSSDと比較して読み書きの速度が遅いという特徴もあります。

特徴3つ目で解説したように、HDDはSSDよりも価格が安いです。その一方読み書きの速度はSSDよりもかなり遅くなります。

読み書き速度とは、パソコンなどでデータをダウンロードするとき、アップロードするときにどれくらいの時間がかかるかであると考えてください。

この速度がHDDはとっても遅いです。その理由は「中で部品が動いているから」です。

HDDの役割を解説した部分でなかで円盤に磁気でデータを読み書きしていると説明しました。

 

つまりなかでパーツが動いているんです。一方SSDは内蔵しているチップに電気的に書き込むのでパーツが動いているわけではありません
なのでSSDは速い、HDDは遅いと覚えておきましょう。

5.重量は重い

HDDはSSDと比べ重量は重めです。ただストレージはパソコンに内蔵する物で、パソコンはあまり持ち運ぶ機会はないためあまり気にする必要はないでしょう。

ただ、ノートパソコンにHDDを搭載している人は、SSDに交換することでパソコンの高速化、軽量化ができるかもしれません。

HDDを交換する前に確認すべきこと4つ

6.消費電力が大きめ

HDDはSSDと比べると、消費電力が高くなっています。

消費電力が高くなる原因はやはりHDDの駆動部分になります。円盤を回転させるときにモーターが使う電力が大きいんです。

SSDはモーターなどありませんから、その分消費電力は抑えられています。

SSDとHDDの消費電力はどれくらい?

自作パソコンをしたい人や、省電力なパソコンが欲しい人はできればSSDを搭載したモデルを選びましょう。

7.見た目がメカメカしい

HDDの特徴として、SSDよりも見た目が機械的(メカメカしい)であるというものがあります。

この記事の前半の方で載せてある画像にHDDの裏側の画像があります。見てみると、基盤がむき出しです(笑)

一方でSSDは基盤は完全に内側にあるので外見はスッキリしています。とはいえこの特徴に関しては機能的なことではないのであまり重要ではないです。

しかし、パソコンを自作したい人や機械が好きな人は、HDDの見た目が好きだったりするので「HDDはSSDと比べて悪いとこばかりじゃないよ」ということだけは言っておきたいですね。

 
ゆきんこ
最近はSSDばっかりですもんね。私もそうですが(笑)

今パソコンを買うならHDD?SSD?

最後に、今あなたがパソコンを買うとしたら、HDD搭載のパソコンとSSD搭載のパソコンどちらを買うべきなのかを解説します。

まず、結論です。SSDを搭載したパソコンを買いましょう

ここまでHDDを語っておいてどーゆーことだってばよ!!」って思われるかもしれません。

ですが、あなたがパソコンをキライにならないようにあえて言います。

HDDの遅さは半端じゃないです。いや、むしろSSDが速すぎるのかもしれません。

とにかくSSDは少し高いですが、ここでお金をかける価値は確かにあります。

HDDを搭載したパソコンを使っていてはストレスが溜まりますし、単純に時間がもったいないです。

なのでパソコン初心者の人は、ストレージにSSDを搭載したパソコンを選ぶようにしてください。

パソコンスペックの選び方

中古パソコンを買うという選択も

また、できるだけ安価にパソコンを手に入れたい人には中古パソコンを購入するのもオススメです。

中古パソコンはすぐに壊れそうというイメージがありますが、基本的に一定の保証があるのでソッコー壊れるということはそうそう無いです。

それに販売サイトによって商品の状態がわかることが多いので、きれいな中古パソコンを選ぶことも可能です。

同じ性能のものがほぼ確実に安く手に入るので、欲しいパソコンが中古で売ってないかをチェックするのもアリですね。

失敗しない中古パソコンの選び方

PCショップOraOrAでは多くの中古パソコンを扱っています。
事前に商品の詳細な情報がわかるので買って失敗することが少ないうえ、90日間の保証があるので安心してパソコンを購入できます。
ストレージにSSDを搭載し、20000円台のパソコンも多いので、理想のパソコンを探してみてください!!

今回はHDDが何なのかを超かんたんに解説させていただきました。
本記事に書いてあることを理解しておくだけでHDDの最低限の知識はつくかと思います。

ゼロから始めるパソコン生活では、他のパソコンパーツに関する知識も超かんたん解説しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

CPU|CPUクーラー|メモリ|マザーボード|ストレージ|SSD|M.2SSD|電源ユニット|グラフィックボード|PCケース

 
ゆきんこ
では。ばーい!

読んでくれたあなたに最上級の感謝。