【超かんたん解説】CPUとは何なのかをパソコン初心者向けに解説

 
ゆきんこ
ゼロから始めるパソコン生活にお越しいただきありがとうございます。今回は、CPUとは何なのかを超簡単に解説します。

この記事はこんなあなたにオススメ↓

  • CPUの基本を知りたい
  • パソコン初心者が最低限の知識を学びたい
  • パソコンの自作をしたいと考えている

パソコンに関する話の中でCPUという言葉をよく聞くかと思います。でも、CPUとはいったい何なのでしょう?

 

今回はそんな悩みを持つパソコン初心者の人に向けて、超簡単に最低限押さえておきたいCPUの知識を解説します。

それではさっそく行ってみましょう!!

CPUの役割とは?

まずはパソコン内でのCPUの役割について解説します。CPUはよく言われるようにパソコンの「脳」です。

 

パソコンが何かを計算したり、いろんな作業をするときの処理をしています。とりあえずCPUが無いと何にもできないと考えていいです。

それだけ重要なパーツだということを覚えておいてください。

CPUの見た目

次にCPUの見た目を解説というか、紹介します。CPUは以下の画像のような見た目をしています。

上のCPUはデスクトップパソコン用のCPU(インテル製)です。また、ノートパソコンにはCPUが取り外せるタイプと取り外せないタイプがあります。

 

私の持っていたノートパソコンは取り外せるタイプだったので、一応見た目を紹介しておきましょう。

表面

CPU i5-460M表面

裏面

CPU i5-460M裏面

ちなみに裏面のピン部分は剣山のようになっていました。このピンの部分が折れるとパソコンがちゃんと動作しなくなります。

CPUのピン

クロック周波数って?

CPUにはクロック周波数が定められており、この数値がCPUの処理性能に影響します。

クロック周波数とはCPUが1秒間にどれだけクロック(振動)するかを表すものですね。単位はGHz(ギガヘルツ)です。

基本的にクロック周波数が大きければ大きいほど処理が速くなると覚えてください。

 

その一方で、クロック周波数が高いCPUはそれと引き換えに発熱量や消費電力が大きくなる傾向があります。

 
ゆきんこ
ちなみに自作パソコンが好きな人の中にはクロック周波数をどれだけ上げられるかを楽しんだりする人もいるんですよ。(オーバークロック)

オーバークロックについての紹介【ドスパラ】

コア数・スレッド数とは?

CPUにはコア数・スレッド数があり、これらもパソコンの処理性能に影響があります。

まず、コアとは「パソコンの処理をするもの」と考えてください。コア数はこのコアがいくつあるのかを示しています。

 

スレッドとは、パソコンのOS(WindowsMacOS)が認識しているコアの数です。実際にはコア数4でもスレッド数8の場合、パソコンは「このCPUはコアが8個あるんだな」と思ってるわけです。

 

「そんな詐欺みたいなことをして何の意味があるの?」と思うかもしれません。でも、ちゃんと理由があります。

 

コアを多く認識させることでパソコンの処理速度が速くなるんです。(ハイパースレッディング技術)

難しいことは抜きにして、とにかく効率的に処理できると考えましょう。

ハイパースレッディング(HT)とは?

CPUには大きく2種類ある

CPUのタイプには大きく分けて2種類あります。これはCPUを作っているメーカーによる違いなんですが、Intel製のインテルCoreか、AMD製のRyzenのCPUかという違いです。

AMDのRyzenプロセッサーとは?

IntelのインテルCoreとは?

Intel coreというシリーズのCPUには、Core i3やi5、i7などがあり基本的にcoreの後の数字が大きいほど高性能・高価格となります。

同じくRyzenシリーズCPUにもRyzen3やRyzen5、Ryzen7があり、数が大きいほど高性能・高価格です。

 

初心者にオススメのコスパ優先CPUを紹介している記事もあります。こちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

最も安くパソコンを自作するためのおすすめパーツ

 
ゆきんこ
また、CPUには世代が存在し、世代によっても性能が左右されます。

CPUには規格がある?

CPUには規格というものが定められています。

この規格を、インテルのCPUではLGA(Land Grid Array)といい、実際にはLGA1200とか、LGA1700のように表示されています。Ryzenでは、AM4とかsTRX4のような表記です。

 

この規格によって何が違うのかというと、そもそも大きさが違う場合があります。また、この規格はCPUの世代によって変わることがあるため、世代が違うともいえます。

そのためCPUの規格と違うマザーボードCPUソケットには入りません。

 

パソコンを自作するときには使用するCPUの規格とマザーボードの規格が一致しているか確認しましょう。

 
ゆきんこ
CPUとマザーボードの規格が違っていた場合、パーツを買い直すことになります。

以上、とりあえずパソコンの初心者の人は、ここまでの話を抑えておけば大丈夫です。

CPUに関してさらに詳しく学びたい人はこちらの記事を参考にすることでさらに知識を深めることができるでしょう。

ゼロから始めるパソコン生活では、他のパソコンパーツに関する知識も超かんたん解説しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

CPUクーラー|メモリ|マザーボード|ストレージ|HDD|SSD|M.2SSD|電源ユニット|グラフィックボード|サウンドカード|PCケース

 
ゆきんこ
では。ばーい!

読んでくれたあなたに最上級の感謝。