100均でUSBハブが買える時代になった!!使えるのかレビューしてみた

 
ゆきんこ
ゼロから始めるパソコン生活にお越しいただきありがとうございます。今回は100円ショップで買えるUSBハブの紹介とレビューをします。

パソコンを使うときにはUSBポートを使う機会は多いです。例えばスマホの充電、無線マウスの接続、USBメモリなど。

でも、そうやってたくさんUSBポートを使うとUSBポートの数が足りなくなってしまいます。

そんなときに役立つのがUSBハブです。

 

USBハブは、USB接続で使うことができるアイテムで、複数のUSBポートが使えるようになります。

簡単に言うと、使っているパソコンのUSBポートが増えます

そんなUSBハブが100均で買えるようになったんです!!なので今回はその100円USBハブの使用感をレビューしたいと思います。それではさっそくはじめましょう!!

100均USBハブの基本情報

今回購入したUSBハブは、100円ショップのセリアで購入しました。

価格は税込み110円です。本体の色は、がありましたが、パッと見た感じ黒色の方が安っぽさが少なかったので今回は黒色を購入しました。

 

対応しているパソコンのOSは、WindowsMacOS、どちらも使えるようです。使える機器は、消費電力が100mA以下のUSB機器です。マウス外付けキーボードですね。

ちなみにこのUSBハブのUSB規格は1.1ですので、通信速度に関してはあまり期待するべきではありませんね。

USBの規格とは?違いについて

ポートは4つあり、すべてのポートを使う場合には4ポートの合計消費電力が400mAを超えないように注意は必要です。

ということで、今回購入したUSBハブはこちらになります。

セリアのUSBハブ

以下では、実際に開封と使用を行っていきます。

開封と使用

 
ゆきんこ
それではUSBハブの開封をして、使ってみましょう!

開封した姿は以下のような感じ。

USBハブの全面
USBハブの裏面

前面に1ポート、上面に3ポートの4つが存在します。それぞれのポートには1、2、3、4と番号が書かれていますが、順番に差す必要はなく3だけ、4だけでも使うことができますね。

本体から生えているケーブルは、約15cmあり、USBハブ本体のサイズは縦×横×高さ=115×36×19mm程度でした。

今回接続する機器は、USBマウスと、外付けキーボードタイプCの充電ケーブル無線Lanアダプタの4つです。

 

まず、本体から生えているUSBケーブル(オス)をパソコンのUSBポートに差し込みます。この際パソコン側からは特に通知はありませんでした。

順番に機器を差していくのですが、USBハブの本体説明には「USBの抜き差しは3秒以上の間隔を置いてください」と書かれているので、1つのポートに機器を接続したら、3秒待ってから、ほかの機器を差します。

そしてすべてのポートにUSB機器を差しこんだ様子がこちら。

USBポートすべてに接続

それぞれの機器はポートに差し込んだ瞬間に使えるようになり、4つすべての機器を接続しても特に問題はありません。画像の上から、マウス、キーボード、タイプC充電ケーブル、無線Lanアダプタです。

パッケージには、「本製品で充電できません」と書いてありますが、パソコンにハブを接続して、そのハブに充電器を差して充電ということは可能でした。

購入してからずっとパソコンに接続していますが、まだ特に問題は起きていないので私は今後も使い続けようと思います。

 

USBハブが欲しいけど、そんなに高いのを買うのもなぁ」と思っている人はぜひ買ってみることをオススメします。

特に、MacbookのようにUSBポートが少ないパソコンを使っている人には役立つものだと思いますよ。

ということで、今回は100均のセリアで購入した、100円のUSBハブのレビューでした。

ゼロから始めるパソコン生活ではパソコンに関する知識や悩みを解決する記事にしております。100均で購入したガジェットのレビューもしているので興味があれば遊びに来てくださいね。

 
ゆきんこ
では。ばーい!

読んでくれたあなたに最上級の感謝。